心理カウンセラーの働く場所

心理カウンセラーの働く場所

心理カウンセラーが働く場所はさまざまです。
最近では「スクールカウンセラー」を置く学校も多くなっています。いじめの深刻化や家庭環境の悪化などにより、悩みを抱える子供はどんどん増え続けています。
現代の学校では、学校の教職員だけでは生徒たちの心のケアをするのが難しい状況です。そのため、子供たちの心のケアを専門としたスクールカウンセラーを必要としているのです。
スクールカウンセラーの仕事は、子供たちの心のケアだけではありません。時には、子供の育て方や教育について悩みを持つ保護者、学校で子供たちの指導をする先生たちの相談者になることもあります。学校に携わる人たち全てが相談者となるのです。

 

スクールカウンセラーと同様に、心理カウンセラーが働く場所で増えているのが「企業」です。企業における人間関係や業務内容によってストレスを抱える人が増えています。会社で働く人たちが、溜まり過ぎたストレスによって心の病気にならないように心のケアをするのが仕事です。一般的には「産業カウンセラー」と呼ばれていますね。
会社内に心の相談室を設けている場合もあれば、契約カウンセラーとして電話やメールで相談を受ける場合もあります。

 

他にも、病院や診療所、地域の福祉施設などで多くの心理カウンセラーが働いています。