心理カウンセラーと精神科医の違い

心理カウンセラーと精神科医の違い

心理カウンセラーと精神科医は混同されやすいですが、全く違う職種です。それぞれの特徴はこちらになります。

 

「精神科医」 国家資格である医師免許を持つ
        大学の医学部において医学を学び修了
        投薬などの薬による治療が認められる
        健康保険の適応

 

などが精神科医の特徴となります。いわゆるお医者さんですね。

 

「心理カウンセラー」 国家資格なし
             スクール・通信講座などで心理カウンセリングの知識を学ぶ
             投薬などの薬を用いることは認められていない
             健康保険適応外

 

となっているのが日本における心理カウンセラーの定義です。国家資格はありませんが、心理カウンセラーとして働くには民間団体で認可される資格を持っているのが前提です。民間団体によって、認定カウンセラーや家族療法カウンセラーなどさまざまな資格があります。
どのような資格が取りたいかによって、学ぶ場所や方法が変わってくるので気をつけましょう。

 

心理カウンセラーと似た仕事には[ケアマネージャー]という仕事もあります。ケアマネージャーも心理カウンセラーのように心のケアをすることもありますが、心のケアだけではなく、要支援者・要介護者が生活を送る上でのトータルケアを行います。
心理カウンセラーと似ているようで、全く違う職種ですので、このことも気を付けておきましょう。